魅力的な不動産会社を選ぶポイントとは

敷金の役割

原状回復のために敷金を使う

ペット飼育可能な賃貸マンション不動産物件の場合は、ペットを飼育してる人もペットを飼育してない方などさまざまな人が生活をしています。 そしてペットを飼育するのかやしないのかは借りてる方が判断することになります。 そして家賃に関しても、ペットを飼育してる方と、ペットを飼育してない方では特に変わりなく一緒です。 しかし何が違うかというと、敷金の問題が違います。 敷金というものは、賃貸マンション不動産物件で引っ越しをするときに退去時に原状回復するために使うお金です。 この敷金を使ってきれいに部屋を元通りにしてくれます。 ペットを飼育しているとどうしても飼育してない方に比べると部屋などが汚れてしまったり、傷が付いてしまったりしてしまいます。

ペットを飼育していると敷金が通常よりも高い

だからその原状回復にもペットを飼育していると、費用も多くなってしまいます。 退去のときに足らないからと言って敷金以上に金額を請求するのは難しくなるので、それならばはじめに賃貸マション不動産物件の契約のときに、敷金を多めに支払っておくという形をとっています。 ペット飼育可能な賃貸マンション不動産物件においての敷金は通常の場合は家賃の2か月分などのところが多いですが、ペットを飼育してる方は3ヶ月分をはじめに敷金として払うという形があります。 そして原状回復にそんなに費用がかからなかったら返金してくれる形です。 だからペットを飼育してる賃貸マンション不動産物件の場合でも、家賃は同じなのでとてもありがたい仕組みです。